診療コンセプト

霞ヶ関歯科では、治療や予防処置を通して健康なお口の状態を保てるようサポートをしています。虫歯や歯周病が治ればOKというわけでなく、治療してよくなった状態をいかにして維持するかが私たちの使命だと考えています。

カウンセリングでは30分程度のお時間をいただき、患者さんのご要望やご予算をお聞きしたうえで、他の治療と比較をしながらベストな方法をいっしょに探っていきます。治療のリスクや薬の副作用なども包み隠さずお話しし、ご納得のうえで治療を受けていただくことを大切にしています。患者さんが受けたくない治療を無理にすすめることは絶対にいたしませんのでご安心ください。

なお、お口の中の健康のアドバイザーとして、顎関節症の改善、嚥下指導、生活習慣改善のアドバイスも行っています。

「今痛いところを治す」といった対症療法的な治療でなく、「これから痛くならないようにする」ことが私たちのゴールです。一所懸命に、患者さんのお口の健康をサポートさせていただきます。

スタッフ紹介

院長紹介

院長:田端 義雄

院長 田端 義雄

【略歴】

1976年
明海大学歯学部卒業
1977年
同、歯科補綴学第二講座助手
1982年
歯学博士
1983年
同、講師
1988年
霞ヶ関歯科開院
2005年
明海大学歯学部臨床教授
所属・資格
  • 日本顎咬合学会 指導医
  • 日本補綴歯科学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本歯科理工学会
  • 日本接着歯学会
  • デンタルヘルスアソシエート講師(総義歯担当)
  • メディカルエイペックス(インプラントセミナー)講師
  • 明海大学歯学部 臨床教授
論文紹介
1995年
片側遊離端欠損に対する補綴法の選択 Dental diamond 20-10
1996年
歯根破折を咬合より考える Dental diamond 26-12
2003年
歯根破折の原因としての咬合力を考える Dental diamond 28-12
2003年
治療用義歯法応用のコツ(連載) Dental diamond 28-1~28-7

スタッフ紹介

歯科治療は専門的かつ高度な技術を要するため、院長だけでなくドクターや歯科衛生士を含めたチーム医療が必要となってきます。そのため、日々常にミーティングなどを重ね、新しい技術や知識の習得を心がけるようにしています。

スタディーグループGO会

スタディーグループGO会とは、若手の歯科医師の勉強会として1985年に設立されました。 大学を卒業しても知識だけでは患者様の要望にすぐに対応できるわけではありません。 また近年の歯科医療は、歯周病や審美治療で大変な進歩がありました。 患者様にとって快適な歯科医療を提供するために、GO会では毎月の定例会と特別研修を行っています。 現在、定例会だけで150回を越え、最先端の技能と知識、 歯科医師としての人格の向上を求めて若手歯科医師が学び続けております。

医院紹介・アクセスマップはこちらから